金融会社からの在籍確認

キャッシングを利用するとなると、金融会社からの電話が大きなポイントになります。

その電話に出れるか否かで、キャッシングを利用できるか否かも変わってくるのです。そもそも銀行などからお金を借りる為には、必ずと言って良いほど審査を行う訳です。その審査の一環として、銀行などから電話がかかってくるケースが大変多いのですね。

そして、その電話に出れるか否かは大変重要です。まずその電話をする意味ですが、会社に勤めているか否かを確認する事になるのです。そもそも金融会社としては、申し込み者本人に安定した所得などを、非常に気にしている事が多いです。

安定収入は借入のうえで必須

ante

もちろん安定した所得が無いとなると、少々厳しくなる傾向があります。このため金融会社の担当の方としては、申込者の在籍の事実を確認したいと考えているのです。そのために、電話での審査を行っている訳ですね。そして上記の電話確認は、いわゆる最終段階で行われる事になります。色々な事情があって、審査の初期段階ではなく最終での段階で行われるのですね。そして、その電話に出たかどうかで融資可否も変わってくる傾向があります。大原則としては、やはり電話に出るのが一番望ましいです。

在籍確認の注意点

それも申し込み者本人が、その電話に出るのが最適なのですね。一番スムーズなのは、お勤め先に対して「キャッシングの申し込みをしたので、在籍確認の電話を受けて下さいと伝える事でしょう。それを伝えておくだけでも、だいぶ流れがスムーズになります。

逆に伝えておかないと、ちょっと即日の融資が難しくなる事も多いですね。ただ人によっては、会社に内緒で申し込みをしている事もあるでしょう。さすがにその場合は、仕方が無いと思います。なお最近では、電話による在籍確認を省略している会社も見られます。いわゆるネット完結の金融会社などでは省略できる事も多いので、相談をしてみると良いでしょう。